06
1
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップへの思い その5

みなさんこんにちは、佐野です。

予選リーグを2勝し、勝ち点6で堂々2位通過した岡田ジャパン!

オランダ戦は、惜しくも0-1。パブリックビューイングで観戦していた方もいらしたことでしょう。グランドで人工芝に寝転んで応援したり、スタンドで声援を送ったりの盛り上がりや臨場感は、現地の競技場さながらかと思われます。試合直後の悔しさもそのままリアルに感じられたことでしょう。残念な結果ではありますが、1点差の内容は、選手たちに、かなりの自信になったことだと思います。(素人目に見ても守備力は、マジ凄かったと思います。)

絶対に負けられないデンマーク戦は、3-1。早朝のパブリックビューイングの盛り上がりは、さぞや気分も高揚させられたことでしょう。ただ試合終了がご存じの通り午前5時30分あたり。その後仕事に就かれた方もいらっしゃることでしょう。勝利だっただけに、眠気も心地よく感じられたことでしょう。(もしも、反対の結果だったら。。。^^;)
得点に絡んだシーンは、フリーキックでしたが、芸術的な2本のシュートは、贔屓目無しで今大会屈指のスーパーゴールだったと思います。あの木村和史選手の韓国戦の伝説のFKに並び称されるに値するものと思います。
3点目のゴールは、本田選手個人でもう1点というところを、岡崎選手に託したプレー!決めた岡崎選手もうれしかったことでしょうが、岡田監督はじめ他の選手や日本チーム全体に与えたインパクトは計り知れないと思います。これで選手全員に勢いがつくだろうし、ムードも盛り上がることでしょう。出来れば中澤選手や、闘莉王選手にもFKからのゴールもあるといいですね。

聞けばパラグアイは、アテネ世代にとっては借りがある相手(アテネ五輪で3-4で負けている)と聞きます。
晴れのW杯の舞台で、その借りを返そうではありませんか!

決勝トーナメントは同点の場合、PK合戦で勝敗を決めるそうですね。
当たっている川島選手、頼みますよ!!

スポンサーサイト

ワールドカップへの想い その4

こんにちは、佐野です。

今日は、感動のカメルーン戦を考えました。
ご存知の通り、カメルーン戦は凄かったです。
グループリーグの初戦。ベスト4を狙う岡田ジャパンにとって、絶対に勝たなければならない試合だったと思います。
選手たちは、「勝ちたいけれども、負けたくもない。」という心理が働き、プレーに硬さが見られるところですが、なんと伸び伸びとしっかりプレーしてたことか!
日本サッカー界の先人たちが繰り広げてきたさまざまな経験が、ワールドカップ本戦の戦い方を教えてくれたのです。
本当の意味で賢い戦い方を、岡田監督は身をもって示してくれたんだと思います。
とくに1-0で迎えた終盤の選手起用!
矢野選手投入。稲本選手の交替と、長谷部選手が中澤選手にキャプテンマークを丁寧に巻きつけることで生まれる残り時間の消費作戦。ドーハの悲劇を経て、我々は学習したんです。マイアミの奇跡で学んだんです!!

岡田監督は、試合終了のホイッスルは次の試合のホイッスルでもある。我々はしなければならないことが山ほどある。
勝って兜の緒を締めよ的な発言。カッコいい。
本田選手のインタビューもよかった。
「出れない人の分までがんばる。ゴールを決めたらみんなのところへ行くことを始めから決めていた。チームをひとつにしたかった。」

チームプレー!!

僕が一番好きな言葉です。この試合を通して、自分が一番気付かされたことでした。

自分だけでやったんんじゃなく、みんながいたから出来たんだという精神!!
いまや日本のエースなのに謙虚な発言。ビックマウスだとかなんだかんだ言っても
彼は、チームを大切にしてるプレーヤーなんだなとつくづく思いました。
そして、彼を見直しました。

あとはオランダ、デンマーク。3戦全勝、はるか彼方の地に私のいを乗せましょう、念を送り続けましょう。

リニューアル

こんにちわ 
歯科衛生士の石井です
 
佐野歯科の看板がリニューアルいたしましたぁ
皆さんお気づきになりましたか
 
ジャーン
ブルー&ホワイトでさわやか感アップアップでございます
 
お近くにお越しの際はどうぞ…ちら見して下さい
 
 

ワールドカップへの想い その3

こんにちは、佐野です。

今日は、前回私が、独断と偏見で予想したチームを元に、大胆にも決勝トーナメントを占ってみたいと思います。

ルールに則り、トーナメントの組み合わせを考えてみました。

メキシコ
  X      ナイジェリア
ナイジェリア
            X    ーーーーナイジェリア ①
イングランド
  X      イングランド
ドイツ
                                 ブラジル
オランダ
  X      オランダ
パラグアイ
           X    ーーーーーブラジル   ②
ブラジル
  X      ブラジル
チ  リ
                                       ブラジル
アルゼンチン
  X      アルゼンチン
フランス
           X    ーーーーーアルゼンチン ③
セルビア
  X      セルビア
アメリカ
                                 スペイン
イタリア
  X      イタリア
カメルーン
           X   ーーーーーーーースペイン ④
スペイン
  X      スペイン
ポルトガル


優勝はブラジル、2位はスペイン、 三位はナイジェリア 、4位はアルゼンチン

でした。

みなさんは、どう思いますか?

ワールドカップへの想い その2

こんにちは、佐野です。

前回は私の、ワールドカップへの思い入れを書き記しましたが、今回は、2010年南アフリカ大会の展望を述べたいと思います。

予選グループリーグ突破国
A組 1位 メキシコ   2位 フランス
B組 1位 アルゼンチン 2位 ナイジェリア
C組 1位 イングランド 2位 アメリカ
D組 1位 セルビア   2位 ドイツ
E組 1位 オランダ   2位 カメルーン
F組 1位 イタリア   2位 パラグアイ
G組 1位 ブラジル   2位 ポルトガル
H組 1位 スペイン   2位 チリ

以上です。

根拠は、各組のランキングおよびアフリカ勢がなんだかんだ言って突破してくるんじゃないかと
思ったからです。
我が日本チームは、残念ながら突破なずらか!!

次回はこれをもとにトーナメントおよび 優勝国を占ってみたいと思います。
乞うご期待!!

ワールドカップへの想い

こんにちは、佐野です。

6月に入り、梅雨の季節が近づいてまいりましたが、みなさんはどうお過ごしですか?
今月は、4年に一回のあのイベント、サッカーのワールドカップが、アフリカ大陸で初めて、南アフリカ共和国で開かれます。そこで、今回は、そのワールドカップで私、佐野弘昭が記憶する、思い出深い名勝負のトップ3を挙げてみたいと思います。

まず第三位は、86年メキシコ大会準々決勝

アルゼンチン 対 イングランド    戦です。

マラドーナの、言わずと知れた神の手、5人抜きのシュートは、あまりにも有名。

多くの人がそうであるように、僕にとっても彼の球さばきは、サッカーって実は、誰でもやさしく出来るものだと思わせてくれるものでした。というか、彼こそが、南米のサッカースタイルのお手本といえます。ありがとう、マラドーナ選手!!


続いて第二位は、2002年日韓大会の予選リーグ

日本 対 ロシア  戦です。

この試合は、日本不利の下馬評も、稲本選手のゴールを守りきった、史上初の勝利、勝ち点3の美酒に酔わせていただいたゲームでした。これでようやく日本サッカーも世界に知られたかなみたいな気にさせてくれました(実際は厳しい気がしますが。。。)。今大会も出場する、稲本選手!!またゴールを決めてくれることと期待いたしております。


そして堂々の第一位は、82年スペイン大会の

西ドイツ 対 フランス  戦です。

当時高校生だった私は、地球の裏側で繰り広げられている一大スペクタクルを、初めて目の当たりにするのでした。衛星中継されたテレビから伝わったものは、国と国との威信をかけた戦争を彷彿とさせるものでした。リトバルスキー、ルンメニゲ、プラティニといったスーパースターのプレーのなか、一番凄かったのは、1-3まで離されたあと、ルンメニゲのゴールで2-3と追い上げたあとの、フィッシャー選手のオーバーヘッドシュート!!!僕は当時、「飛び出せ青春」で、石橋正次さんがしていたあのオーバーヘッドシュートを、ワールドカップの準決勝のしかも延長という舞台で、見てしまったのです。ふつう何回もNG出して、ようやく撮れるシュート、いわばあり得ない類の高級技を見てしまった感劇は、今も忘れていません。本当にこの試合を通してサッカーは、最後までわからないスポーツで、何事に対してもあきらめてはいけなことを教わりました。ありがとう、みなさん!

いかがですか?以上が僕の選んだベスト3です!

2010年南アフリカ大会も、記憶に残る名勝負を期待いたします。
とにかく、がんばれニッポンです。

次回は今大会を占ってみたいと思います。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。