02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
26
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療へのこだわり

こんにちは、佐野です。

今日は近頃、診療の際に大変役に立っているモノをご紹介いたします\(^o^)/

それは、キクタニ社製、歯科用マイクロスコープ

「 スーパースコープ L 」です^ ^
201402271643186d7.jpg



頭にかぶるタイプの拡大鏡です。

昨年のデンタルショーで見つけ、直ぐ材料店に注文し、購入いたしました。

メガネの上から掛ける事が可能です。

一番の特徴は、焦点深度が深いことです。

使っていると、頭が動く時でもピントがズレにくいので、使用していても疲れにくいのです。

繊細な治療に特に威力を発揮してくれます(*^_^*)

特に長時間使用でも、今のところ欠点は見当たりません。

もし、皆さん、私が大きな眼鏡をかけているのを見かけたら、「スーパースコープL」ですね!と思って下さい。

私のこだわりの逸品です^o^
スポンサーサイト

ソチオリンピックをふり返って番外編

こんにちは、佐野です。

真央ちゃん、沙羅ちゃんお疲れさまでした。
ソチオリンピック開催前に、これほどまでに前評判が高かった選手は居なかったです。
この二人の若き女性アスリートに、日本国中の視線が注がれていたことは間違えないことだったでしょう。

終わってみれば、過去最多のメダル獲得個数を記録した海外オリンピックだったのに、皮肉なことに大本命の二人だけが、メダルに縁がなかったということでした。メダル、特に金メダルへの期待感及び重圧は、なったものにしかわからないものだったでしょう。本当に気の毒な話ですね。お疲れさまでした。

でも、期待されるということは、それに値するだけの活躍があったからでしょう。
次の世界選手権には出場する予定?とのことで、ホッと胸をなでおろしております。

葛西選手の話を引き合いに出すまでもなく、自分が辞めなければ、またやり続けることが出来るなら、生涯一選手としてライフワークとすればいいのではないでしょうか。
船木選手も、岡部選手も、清水レルヒ選手のお父さんも、今まだ現役だと言います。
もちろん、後輩の育成に廻る選手もいるですが、少子化の時代ですから、中年選手が幅を利かせるのもいいんじゃないでしょうか!
医学や、スポーツ医学が発達すると、限界年齢というものが、変わっていくような気が致します。
今回の葛西選手の活躍は、これからの日本を象徴しているような気がします。
ですから、真央ちゃん、引退なんてせず、また戻って来てくださいね(^O^)

ソチオリンピックをふり返ってその3

こんにちは、佐野です。

それでは、堂々の第一位は

葛西紀明選手の個人ラージヒルの、2本目の飛び終えて、直後のシーンです。

あの時、日本選手たちは、葛西選手が飛び終わるのを待っていました。大ジャンプと着地も決まり、三人が、葛西選手の元に駆け寄り祝福しているではありませんか!
個人戦なんだから、ライバルなはずなのに、お祭り騒ぎのような盛り上がりです。順位も決まっていないうちから、もう銀以上を確信していたのでしょう。誰よりも個人のメダルにこだわっていた葛西選手に、メダル当確の喜びは、日本チームにとってもいい追い風となったことでしょう。そしてテレビ越しではありますが、自分の家族が駆けつけたような雰囲気に、きっと団体戦もやってくれるのだろうと、確信しました。
また、40才代のメダリスト誕生ということで、若い頃を知っているだけに、私自身も多いに刺激を受けました。
そういう意味でも、葛西選手の活躍は、ひとつのことにこだわり続けることの大切さを気付かせていただきましたです。
3位になったスロベニアの選手は、「自分はまだ20代。葛西選手を見ていると、あと20年僕には成長出来るといいきかせて練習の励みにしているんだ。」(NHK談)と言ったそうです。僕も、スポーツに限らず、この選手のように、優れた先輩をお手本にして、「あと20年は、成長出来る。成長するんだ。」と心に銘じ、頑張りたいと思います。

葛西選手、感動と、気づきをありがとうございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ソチオリンピックをふり返ってその2

こんにちは、佐野です。

続きまして
第5位 男子スノーボードハーフパイプでショーンホワイト越えで銀、銅メダル
スノーボードがオリンピックの競技になって、何回か経ちました。外国勢が強く、自分の生きてる内では、メダルは無理かな?と思っていましたから、本当にビックリしました。しかもあのショーンホワイトを破っての銀と銅メダルだから、凄いですね\(^o^)/

第4位 女子スノーボードパラレル大回転
竹内選手、おめでとうございます(^_^)ハッキリ言ってこの競技があること自体、知りませんでしたm(_ _)m
並みいる海外列強の選手から嫌がられるくらいの存在感で、見事な勝っぷりは圧巻でしたね(^ω^)

第3位 男子フィギュアスケート 羽生選手 金メダル
羽生選手、特にショートプログラムの100点越えは、圧巻でしたね(^ω^)
団体の時もプルシェンコ選手、チャン選手を抑えての1位でしたから、相当の自信を持てたのではないでしょうか。
報道陣との受け応えも立派でしたねV(^_^)V

第2位 ジャンプ団体 銅メダル
清水選手、竹内選手、伊東選手そして葛西選手。僕にとって思い出深いのは、札幌での金、銀、銅独占と、長野の日本団 体の金でしたが、それに次ぐ感動でした。葛西選手の、みんなにメダルを取らせたかったというコメントに、胸が熱くなりました(T_T)

その3に続きます。

ソチオリンピックをふり返ってその1

こんにちは、佐野です。

先週末、ロシアのソチで開かれていた、オリンピックがついに閉幕しました(^_^)

たくさんの感動を与えてくれた今回のオリンピックでしたが、かってにベスト10の出来事を挙げたいと思います(^o^)

第10位 開会式
日本がロシアのちょっと前に入場したのにビックリしました(^_^)
ロシア語順だとそうなるのだそうです。NHKより

第9位 閉会式
ラフマニノフのピアノ協奏曲のソロをロシアのピアニストが弾きまくっていました( ^ω^ )
あり得ない程のタッチでしたので、ビックリ!もしかして、エアピアノ?!

第8位 スキーアルペン 回転
僕も現役時代、スラロームがすごく好きだったけど、今回のセッティングは、コステリッチコーチのセッティングということで、完走者は半数という難しさだったみたいですね^_^ 見ていると、自分も昔を思い出しますね(^.^)

第7位 女子スキーハーフパイプ
銅メダルおめでとうございました(^_^) 元々はインカレチャンピオンだったけど、あっさりフリースタイルスキーに転向し、見事銅メダルに輝きましたね(^o^)

第6位 複合個人ノーマルヒル 渡部選手 銀メダル
複合日本が復活しました(^_^) スタジオの荻原次晴解説者の男泣きに、僕も思わずもらい泣きしてしまいました(T . T)
本当に苦労されたんですね。良かった良かった!
その2に続きます。

佐野歯科医院 クリスマス会の報告から

こんにちは、佐野です。

今日は昨年末、12月27日に当医院で行われた、クリスマス会をレポートします。

今回はイベントで行われたものは、「キッtheニ歯イン佐野歯科医院」です。

その模様は以下の動画にてご報告いたします。

[広告] VPS

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。