04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝 往路編

新年明けましておめでとうございます
こんにちは、佐野です

新春恒例の、箱根駅伝の季節となりました。
今年は、山の龍神こと、東洋大学の柏原選手が4年生で、
箱根ラストランということでしたので、大注目でした。

レースは、序盤早稲田大学がリードを奪ったものの、2区からは、
東洋大学の独壇場という展開でした。

4年生キャプテンで5区の最長距離を区間新記録でしかも往路新記録での往路優勝でした。
本当におめでとうございます。

何かと騒がれ選手として集中しにくかったと思いますが、実力ある後輩たちと
ともに勝ち取った優勝は、最高にうれしかったと思います。

いつも追いかける立場で受け取っていた襷を、トップで走る初めての5区
4区のランナーが見えた瞬間は、涙が出そうになるくらい喜んだそうです。
襷をつないだみんなのがんばりに対し、意気に感じてさらに自分がベストを尽くすという展開に見ているこちらも、思わず応援したくなってしまいました
駅伝はチームワークや、選手同士の信頼関係が大切なスポーツです。
いわば個人戦だけど団体競技という、不思議な競技ですがキャプテンとしてまとめるカリスマ性は流石ですね

インタビューを受けていたなかで、「ふるさとの福島の皆様へメッセージをお願いします。」
という問いに対し、「僕の走っているときの苦しさなんか、福島の皆さんに比べたら、苦しくありません
そう答えていたのが、印象的でした。
最後の箱根を往路優勝だけでなく、総合優勝で有終の美で飾れれば、最高ですね


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。