05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のこと

こんにちは、佐野です。
あけましておめでとうございます。
先ほどHULUのCMで2015年を予想している映画があると紹介していたので、見てみました。
その映画は、1985~9年製作のバックトゥザヒューチャー3部作のことです。
偶然にも、ツタヤのセールで過去に購入していたものですから、引っ張り出して見てみましたのでご紹介いたします。
1.マイケルJフォックス扮するマーティが2015年にやって来た時の「カフェ80s」の一場面です。
PDVD_010.jpg

PDVD_022.jpg
マッククラシックⅡと思われるPC、JVCのブラウン管TV、ラバランプ、1982年製のペリエがみえます。
確かにブラウン管は我々の目の前から姿を消しました。
2.当時の2015年のアメリカ社会の風景ですが、
PDVD_019.jpg
色使いがポップすぎるというか面白いですね。
3.レンジも食材も興味深いです。
PDVD_029.jpg
PDVD_027.jpg
PDVD_028.jpg
これに近いものをみかけたことありますね。
4.ジョーズはさておき、3D映画はもはや現実に存在します。
PDVD_021.jpg
5.おまけですが、如何にもよくあるアメリカンジョークとしてメイドインジャパンは昔は不良品の代名詞。今は高性能の代名詞というやつ。
PDVD_033.jpg
PDVD_036.jpg
PDVD_040.jpg
6.コンビニにあるアーケードゲームで馴らした拳銃の腕前を自慢したり、履いているスニーカーのナイキをニーケイと呼ぶくだりなどはアメリカンジョークですね!
PDVD_043.jpg
PDVD_041.jpg
とまあ、新年早々4時間近く鑑賞してしまいましたが、久しぶりのBTFでした。しかしオンタイムで見ていましたから、大変懐かしくみさせていただきました。
ただ、パート2,3で大活躍する空飛ぶスケボーだけは現実化されそうもありませんね。ある意味、一番現実化してほしいものでした。
あと、自動車が発達し将来それが社会に定着することで、人々は走ることがリクレーションになるというドクの解説を笑い飛ばすシーンなど、現在ジョギングを趣味としている私は、笑えなかったでした
ジューヌベルクの小説が、科学を志す者の大きなモチベーションとなったように、SF映画はこれからの科学者に夢を与え続けてくれることを希望して止みません。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。