09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオオリンピックに寄せて3

こんにちは、佐野です。

リオオリンピックが閉幕しました。
様々な意味で印象に残るオリンピックでした。
中でもメダル獲得総数が過去最多と言う成績だということが、日本の、いやアジアのレベルが底上げされたように私は思いました。
中でもシンクロのメダル獲得は、復活のイメージがあります。
聞けば相当の練習をこなしてきたようです。
溺れてもおかしくないような重りをつけて長時間泳いだり、しごきに耐えてのメダル獲得だったと思います。もちろんコーチとの信頼があったからこその練習だったのは言うまでもありません。
東京オリンピックに向けて、大きな可能性を示したと言えます。
可能性と言えば、100x4リレーの快挙は、もしボルト選手がいなかったら金メダルも夢じゃないという、人類最速と言う偉業となるくらい素晴らしいものでした。選手個々の走力の向上と常識破りのバトンパステクニックを身につけたサムライランナーの快挙でした。
また内村選手、白井選手ら男子体操団体の活躍も皆さんのご存知の通りです。いくら内村選手が頑張ったところで、他の選手がミスをしては勝てませんし、逆に内村選手のミスを白井選手だけが出来るひねり技始め、他の選手の好演技が取り返すところなどは個人競技なのにチームの勢いが左右される面白いものでした。最後にエースが決めるという痛快な展開はシビれました。
体操もリレーもシンクロも奇しくも団体競技であるけれど個人の実力もあり、オリジナリティ溢れるという点でいかにも日本人らしい活躍だったと思います。
これらを踏まえて学んだことは、歯科医院もチーム医療を実践している点で共通しているのだから、これまで以上にセミナー参加をはじめスタッフ個々の実力をさらに高めながらお互いを理解し信頼し、協力しあうことが大切だということです。そして、良い意味で院内に勢いをつけてより良い佐野歯科医院を目指したい思いました。
オリンピックは若者のスポーツの祭典と言われますが、幾つになっても見方を変えれば応援している我々サイドだって刺激をもらえるのが本当にありがたいと思いました。
選手の皆さん、お疲れ様でした。そして感動をありがとうございました。
4年後東京オリンピックでまたお会いしましょう❣️




検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。