05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバーオリンピック3

こんにちは佐野です。

浅田真央選手、銀メダルおめでとうございます。
銀メダル。本当に凄いことですね!!
世界で2番目に上手いことでしょ。クラスで2番とか、東京で2番とかじゃないんですもんね!
サッカーでいえば、1位のスペインに対してオランダかブラジルてとこだし、女子バレーなら1位ブラジルに対する中国やロシアですよ。ゴルフならタイガーウッズに対するフィルミケルソンです。間違っても日本代表が、そこに名を連ねることはあり得ないくらい、レベルが違う種目もあるのですから。

「結果がすべてというけれど、なんで、2番じゃいけないの?」「これで人生が終わるわけではないし、オリンピックで3回転半のジャンプを3回決めたのは、世界では間違いなく浅田選手ただ一人だけだよ。」残念がるテレビ番組のアナウンサー達に言いたかったです。

そりゃキムヨナ選手は、非の打ちどころないパーフェクトな滑りでしたから、金メダルはいいと思うんですよね。

私が浅田真央選手のインタビューで思ったのは、どのような状態でもインタビューを受けなければならない辛さは、大変なものがるという思いです。フリー終了直後の声を詰まらせるシーンでは、(本当に苦労し何もかも犠牲にして打ちこんできて、なおかつ精一杯やったあとの結果の悔し涙。。。)が画面を通じて切なく伝わって来ました。貰い涙を浮かべた人も多かったかと思います。私も貰ってしまいました。

しかも翌日のコメントでは、「最低限メダルを日本に持って帰れて良かったです。」みたいなご意見。立派です。

今回の女子フィギアを拝見させて頂いて、気付いたことは、勝負事に勝者敗者はつきものですし、プレッシャーも相当なものがあったと思いますが、それを跳ね返してあまりある演技を裏付けるため、この大舞台を目指しなさってきた色々な練習が、選手一人一人を大きくさせているという点です。
私自身も、浅田選手を見習い、熱い思いもその後の歯科臨床に生かされるように、努力研鑽を積み重ね、あらゆるプレッシャーを跳ね返す人間になりたいと思いました。

テレビの街角インタビューで、19歳のある女性が「真央ちゃんにとってのスケートが、自分にとっての何なのかをさがしたい。」といっていました。差し詰め私なら歯科臨床なのは間違いないところです。私も努力、忍耐を自分の糧となるよう心がけようと改めて思いました。

選手の皆様本当にお疲れ様でした。そして、感動をありがとうございました。



theme : バンクーバー冬季オリンピック
genre : スポーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。