04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABC と申しましても靴ではありません

こんにちは。佐野です。

皆さんは、昔よく聞いていたレコードを、ちゃんとしたCDなどで聴きたいと思った事ってありませんか?

PCに取り込んだり、車の運転中に聴いてみたくても、「音質の面でちょっとなあ!?」みたいなことを感じてたりす

る事ってありませんか?私はあります。それが今回のCD。

”ABC ”の デビューアルバム The Lexicon Of Love です。

どうしても欲しくなり、アマゾンでさがして、手に入れてしまいました。

しかも今回のCDは、なんとびっくり! Deluxe Edition です。

調べたこともなかったものですから、まさかこんなものがあるとは思ってなかったんですが、あったんですね。

空輸です。注文してから待つこと3週間。首を長ーくして待っていましたが、遂に手元にとどいたんですねぇ。

さっそく聴いてみました。2枚組の一枚目は、まさに28年前に、貸しレコード屋さんで借りてテープで聴いて、その

後、中古レコードのセールで買ったあのままのABC世界、Martin Fry のヴォーカルが、飛び出してきました。思わず全

曲のりのりでした。その後、過去のシングルカットの曲が並び、とくに15.Poison Arrow jazz mix は感動でした。

さらに2枚目のCDは、なんと感動のライブバージョンでした。82年 ODRONでのライブで、感動しっぱなしです。

ABCを語る時、トレバーホーン氏を外すことはできないのですが、このCDには、デビュー前のデモバージョンの曲が入

っており、まさにホーン氏のアレンジ色、ドラマチック性が鮮明に解った感じでした。

その後2nd album のブラスセクションのタイト感、3rd album の音楽性が、1st に戻ったのを思うと完成度の高さは

相当のものであるといわざるを得ないのかもしれません。やはり名作と言えますね。

img010.jpg




theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。