11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップへの想い その4

こんにちは、佐野です。

今日は、感動のカメルーン戦を考えました。
ご存知の通り、カメルーン戦は凄かったです。
グループリーグの初戦。ベスト4を狙う岡田ジャパンにとって、絶対に勝たなければならない試合だったと思います。
選手たちは、「勝ちたいけれども、負けたくもない。」という心理が働き、プレーに硬さが見られるところですが、なんと伸び伸びとしっかりプレーしてたことか!
日本サッカー界の先人たちが繰り広げてきたさまざまな経験が、ワールドカップ本戦の戦い方を教えてくれたのです。
本当の意味で賢い戦い方を、岡田監督は身をもって示してくれたんだと思います。
とくに1-0で迎えた終盤の選手起用!
矢野選手投入。稲本選手の交替と、長谷部選手が中澤選手にキャプテンマークを丁寧に巻きつけることで生まれる残り時間の消費作戦。ドーハの悲劇を経て、我々は学習したんです。マイアミの奇跡で学んだんです!!

岡田監督は、試合終了のホイッスルは次の試合のホイッスルでもある。我々はしなければならないことが山ほどある。
勝って兜の緒を締めよ的な発言。カッコいい。
本田選手のインタビューもよかった。
「出れない人の分までがんばる。ゴールを決めたらみんなのところへ行くことを始めから決めていた。チームをひとつにしたかった。」

チームプレー!!

僕が一番好きな言葉です。この試合を通して、自分が一番気付かされたことでした。

自分だけでやったんんじゃなく、みんながいたから出来たんだという精神!!
いまや日本のエースなのに謙虚な発言。ビックマウスだとかなんだかんだ言っても
彼は、チームを大切にしてるプレーヤーなんだなとつくづく思いました。
そして、彼を見直しました。

あとはオランダ、デンマーク。3戦全勝、はるか彼方の地に私のいを乗せましょう、念を送り続けましょう。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。