05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリの鉱山事故からの生還に学ぶ

こんにちは、佐野です。

今日は、先日来、テレビ等マスコミによって報道されていたチリ鉱山落盤生き埋め事故から、33名全員が救助されたことについて述べたいと思います
この事故、発生から約3ヶ月間生き埋めにされておりました。かなりの肉体的、精神的ストレスにさらされて全員無事なのか、かなりの人数の犠牲者がでるかともいわれておりましたが、蓋を開けてみれば、数名が虫歯で歯痛だった以外は、特に目立った症状も見せていないと言います。まさに奇跡としか言いようがないというのが僕の率直な感想でした
救出された時の彼らの驚くほどのパワフルな振舞いは、世界の人々に衝撃を与えたことでしょう。

ただそこに至るまでには、かなりの困難があったと言います。自分勝手に脱出を謀ろうとするものもいれば、喧嘩を始めたものもいたと言います。しかし、そんな中、冷静になり、考え、救助を待ったのです。そこには、33人の様々なメンバーの協力や、リーダー格の人の判断力や行動力を見逃すことは出来ないと思いました。
まずメンバー一人一人にその日の役割分担を決め、長い地下生活においても心が折れないように工夫したり、救助されるとしても3週間かかると予想し、食糧の節約や希望を与えたなどの工夫は、まさに極限状態におかれた人間のできる技なのかと、驚くばかりです。しかしながらこれらのことは全て事実なのです。すご過ぎます。

今回のこの事故を通して、私は気付かされました。
特にリーダーシップの大切さ、人を一つにまとめることなくして、ここまでの奇跡は起きなかったんじゃないかという点で、リーダーは欠かせなかったんじゃないでしょうか?
そして、必ず助かるんだという強い意志を持つという点も見逃せません。
このことは普段の自分の仕事にも当てはまる気がします。
患者さんの歯をお守りするんだという強い意志のもと、スタッフをひとつにまとめ、より良い医院づくりを目指すという点で、共感しました。また、粘り強く希望を失わない朴訥なほどのひたむきさは、歯科医師としても見逃せません。そして地上のチームと、地下の被災者が、ひとつになって献身的に動いていたことも、チームワークを大事にする当医院と重なり合いました。
こう考えますと、何事もチームをひとつにまとめ粘り強く絶対に負けない強い意志は、どえらい奇跡を起こすんだと、信じ切ることが必要なんじゃないかなって思いました。

改めて33名の被災者の方々が、無事全員救出されて、本当に本当におめでとうございます。
そして、奇跡は起きるんだということを示してくれて、ありがとうございました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。